【重要】受託形態を改正致しました

KaguyaSoundWorks代表のかぐです。

いつも弊社のサービスをご利用頂き誠にありがとうございます。

 

さて、弊社は企業様など商業目的の制作にてお取引をさせて頂く際、必ず「業務受託契約」という契約の締結を行っております。

これは弊社が業務を受託する上で共に制作に取り組んでいくために交わされる必須契約です。

 

昨今、個人で活動されている方々よりご依頼を承る事が非常に増えてきており、より多くのみなさまの音楽制作にお力添えできることに喜びを感じています。

しかし個人のご依頼主様とのお取引の際、弊社では基本的に前述の契約の締結を行っておりませんでした。

 

理由として、現在お取引を頂く個人のご依頼主様の大半は、私が駆け出しの頃からお取引を行ってきた間柄であったり、御縁に恵まれお取引をさせて頂く関係になった経緯があるため、口頭契約を実施すれば特別契約を交わす必要は無いと判断していたからです。

 

しかし初めてご利用頂く個人様とのお取引に於いて、納期前日にご依頼主様側からの一方的にご依頼の取り消しを申し出されたり、作業料金未払いで音信不通となるような案件が多数発生しました。

 

これは個人のご依頼主様を安易に信用し過ぎた私の全面的な非であります。大変申し訳ありません。

 

そこでこの度、弊社の受託形態の改正を行いました。

弊社が定める「業務受託契約書」の内容に条約の追加及び改変を行い、個人のご依頼主様とのお取引にも適用できるように致しました。

 

また、初めてお取引を行う個人のご依頼主様に、お互いに安心してお取引をして頂くために新たに「初回取引信用契約書」を作成致しました。

契約書の内容に関するお問い合わせはコンタクトフォームよりお願い致します。

 

 

並びに作業料金の優待制度として設けております「特別プラン」についてですが、当記事更新日を以って急遽廃止とさせて頂き料金の一元化をさせて頂きます。

 

「特別プラン」は予算繰りが難しい個人の方々を対象として始めた料金プランで、より多くの方々にお力添えできるようにと制定したものでした。

日頃よりこのプランに対し通常料金にて作業を発注された多数のご依頼主様より、改正を求めるお声を頂き、この度当プランを廃止する運びとなりました。

代用として個人のご依頼主様向けに複数の作業をお得にまとめたパック料金制度を導入し、引き続き個人のご依頼主様にお力添えさせて頂きます。

 

今後ともKaguyaSoundWorksをよろしくお願いいたします。

 

 

 

代表 日吉タクヤ